カサカサ肌を卒業しよう

手鏡を見る女性

カサカサ肌。いわゆる乾燥肌には2種類あります。1つ目がシーズンごと乾燥、2つ目が慢性乾燥です。シーズンごとの乾燥肌は冬だけに起こることを言います。慢性乾燥はスキンケアなどが合わないため、常に肌が乾燥していることを指します。季節ごとにスキンケアグッズを分ける、肌質に効果的な物を選ぶことで乾燥肌の対策を行なうことが可能です。

化粧水や乳液、美容液やクリームなどを重視する方がほとんどですが、乾燥肌はクレンジングもポイントです。濃いメイクをしている方はリキッドやオイル、薄いメイクをしている方はクリームやミルクなど分けた方が良いです。濃いメイクをしているにも関わらずクリームやミルクでメイクを落とそうとすると、肌に刺激を与えてしまい乾燥肌を招いてしまうのです。メイクによってクレンジングを変えるなどの対策をしましょう。

クレンジングをしっかりとしたあとの対策は、スキンケアです。乾燥肌は水分と油分のバランスが整っていないため起こりますし、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどの美容成分が不足していても起こるのです。たっぷりと化粧水で肌に水分を与えたあとは乳液やクリームで水分が逃げないようにしてあげましょう。基礎化粧品は美容成分が豊富に含まれているものを選ぶと良いです。
夏はさっぱりタイプ、冬はしっとりタイプと使い分けることで環境に左右されない肌質になります。乾燥肌の対策は長期的に行なうことで効果が表れるため、同じ化粧品でまずは1ヶ月間続けましょう。そうすると大きな変化を感じることが出来るはずです。